毎年恒例となっております、上市商店会青年部主催

「吉野川まつり 上市灯籠流し」が8月4日に行われました。

 

子供たちや、お父さんお母さん、おじいちゃんおばあちゃん

そしてご先祖様も

みんなの願いがこもった灯籠を、みんなで一緒に川へ流す。

なんとも日本人らしい行事です。

 

今年は約1000個の灯籠が準備されました。

吉野杉、吉野割り箸、吉野和紙

最高に吉野な灯籠たちです^_^

 

 

午後7時30分

灯りのともった灯籠を流します。

河原から川の中ほどまで灯籠を運ぶのですが

集まった人たちが一列になり、灯りを手渡しで運んでいく。

自然とそこには光を繋ぐ線ができます。

誰かの願いをみんなで届ける大切な線。

老若男女問わず、願いのこもった灯りを一つずつ繋ぐ光景は

言葉にはならない深いものを感じます。

 

川を流れる灯籠を、離れた所から見るのも綺麗ですが

参加して間近で感じる灯籠流しは、もっと綺麗ですよ。